"BY"


昨晩のQさんのDJほんとみんなにきいてほしかった...
まさにもうひとつのBACK IN THE DAYZでした!
Qさんブースの中でハタチにもどってた...FRESH!!!
ダンスホールにラガヒップホップ、Gもはさみつつ
完璧なR&Bにながれつくしあわせ...最高でした。
Qさんのたくさん想い出が針とおって歌舞伎町というアジアにとけてた。
OPENにながれるとデニスボーヴェルが唄ってて、
最高の雰囲気のなかしあわせ度MAXにぶちあがり
タクてGRついた時には泥のようになってぐっすり...すみません。
なんて贅沢な木曜日!そのままグワングワンの頭で仕事に。
とにかくAFTERMESSきてみてほしいですタダだし。
いかないとDIGれないたのしみが歌舞伎町でおまちしてます♥
お外に出るといやなこともあるけどいいこともあるはず
出なかったらいやなこともないかもだけど、いいこともないし
呪いとジェラスで気が狂わないためにもおでかけは重要なんです
夜はすてき あたりまえのことです!

AFTERMESS VOL.7 ///



5/31 THU.
AFTERMESS VOL.7
FT. SPECIAL GUEST: INSIDEMAN A.K.A. Q-BO
20:00-24:00 ADM. FREE
AT GARAM SHINJUKU


迷い込んだとき思春期まっただなかのわたしを音楽なしで生きてけない身体に完成させてしまった東高円寺GRASSROOTS…♥平日から週末まで気が狂う程、ありとあらゆるレコードが、ありとあらゆるかけかたでかかり、ありとあらゆる人が行き交うそんな秘境をつくりあげ、一人きりもりしてきたお母さんのようなINSIDEMAN A.K.A. Q-BO。BLACKSMOKERより4月リリースされたG-RAPに焦点をあてたMIX CD”BACK IN THE DAYZ”を聴きむせび泣かれた方も多いかと思います。今年SP THE STONEDVIBESの最高のサウンドシステムが導入された新生GARAMで、(またもやたまたま迷い込んで)初めて自身主催のレギュラーをもたせてもらうようになった、当初しらなかったけどQさんは10数年前GRASSROOTSたちあげ以前、GARAMでレギュラーをもってたそう。そしてGARAMを立ち上げた旧店長KAMALさんは、GARAMをたちあげる以前、Qさんが育ち、GRASSROOTSをたちあげる以前同所にあった伝説のレゲエ・バーNATURAL MYSTICのお客さんだったとか。うまれながらにゲスいわたしにはスピりのかけらもないけど、それでも時間の流れやめぐりあわせにふしぎなきもちでいっぱいです。妄想の中のROOTS、師匠のDAYZに思いをはせながら、ふところを借り、AFTERMESS VOL.7を開催させて頂きます。もうひとつの”BACK IN THE DAYZ”を体験に、みなさんぜひ足をおはこび下さい…! LIL’ MOFOより
Q a.k.a. INSIDEMAN(GRASSROOTS)
 東京・東高円寺の桃源郷レゲエ・バーNATURAL MYSTIC育ち。レコードショップWAVEにてバイヤー時代にGANGSTA-LUVの総本山、生粋のR&Bフリークとしても知られる日本グラフィック界の大御所、湯村輝彦=Terry Johnson(テリー・ジョンスン)a.k.a. ゴンゾとの出会いでWET PUSSY CARTELに加入。BMR誌の『GANGSTA-LUV』連載に参加する。それと同時期に閉店したNATURAL MYSTICと同じ場所に97年、GRASSROOTSをオープンする。「MUSIC LOVERS ONLY」を掲げ、バーであってバーでない、クラブであってクラブでない、人間交差点音楽酒場代表となる。さらに、GRASSROOTSで出会い結成されたBlast Head(DJ HIKARU & TETSU)とFREE HANDレーベルを展開。「アステカの神秘を解放するべく?」LOS APSON?の山辺氏と共にFLYING RHYTHMS/時空レーベルのサポートにも携わる。ここ近年はINSIDEMAN名義でのDJ活動に勤しむなか、09年4月、異才フィメール集団WAG.よりMIX-CD『YGKG』をリリース。 10、11年は自身のレーベルPOSSE KUTからのMIX-CD、木工木版家WOODBRAIN/水面花木工「身分証明展 I WOODBRAIN 會」へ提供した『woodenduv (into my AIZU) 』DUBをセレクトしたCDをリリースしている。